本文へジャンプ
 
現在位置:ホームの中のサービス利用コーナーの中の全国市町村情報管理主管課長会の中の新着情報から総会 平成26年度全国市町村情報管理主管課長会 新旧役員会 会議録

総会 平成26年度全国市町村情報管理主管課長会 新旧役員会 会議録

日時

平成26年5月19日 13:30~15:00

場所

地方公共団体情報システム機構 2階 研修室

出席者

新役員7名(7団体)、旧役員6名(6団体)、事務局

配付資料

役員会結果

開会

事務局(地方公共団体情報システム機構)から開会を宣し、会議次第に沿って新旧役員会が進められた。

出席者紹介(新役員)

事務局から、新役員7名の紹介を行った。細則第3条第4項に定める「役員の3分の2以上の出席」があるため、役員会が成立することを伝えた。

挨拶

議事に先立ち、今年度の会長である酒田市企画振興部情報管理課渡会課長、及び地方公共団体情報システム機構情報化支援戦略部 福浦部長からご挨拶をいただいた。

議題

本会細則第2条第1項「役員会議の議長は会長とする」の定めにより、渡会会長が議事を進めた。

平成26年度 事業実施状況について

事務局から資料1に基づき説明を行った。特に質疑や意見はなく原案のとおり承認された。

平成26年度 情報交換会議について

事務局から資料2に基づき説明を行い、次の2点について提案をした。

・日程・場所について
臨時役員会として、機構が実施する地方自治情報化推進フェア2014に合わせて開催する。
(10月8日(水) 東京ビッグサイト)

・開催方法について
(案1)テーマを選定し役員間で情報交換を行う。
※今年度の役員は都道府県から推薦を受けており、情報推進について先進的な自治体であると考えられるため、外部から参加を募集せず、役員それぞれの取り組み等について情報交換していただく。
(案2)講師を招聘し、役員を対象に講演会及び意見交換を行う。講演内容を役員から募集する。
※講師は、国、民間、学識者等が考えられるが、役員の要望に応じて手配する。
(案3)昨年度と同様に役員以外に参加団体を募集し、講演又は情報交換を行う。

事務局の提案について役員が審議した結果、次のとおり決定した。

・日程・場所について
事務局案のとおり、10月8日(水) 東京ビッグサイトにて臨時役員会として開催する。

・開催方法について
(案1)テーマを選定し役員間で情報交換を行うこととなった。
テーマ案について、10月は次年度予算要求の準備時期になるため、直近の課題である番号制度に係る現場の悩みや意見等を交換するのはどうかという意見があった。テーマについては、後日事務局から改めて役員に図り決定する。

平成27年度全国市町村情報管理主管課長会の役員選出方法について

事務局から資料3に基づき説明を行い、次の2点について提案をした。

・推薦都道府県のローテーション化について
役員選出を都道府県からの推薦とし、推薦する都道府県をローテーションで持ち回りにする。
※各市町村の役員選出の機会を均等にするため。
最終的には県単位の市町村の集まり(電子自治体運営協議会等)から選出し、自主運営するのが望ましい。

・ブロック区分の変更について
  北海道・東北ブロック、関東・甲信静越ブロックは、他に比べ市町村数が多いため、役員選出の機会を増やすため区分をさらに分けてはどうか。ただし、会則7条に役員の定数は7名とあるため、変更する場合は会則の改正が必要になる。

事務局の提案について役員が審議した結果、次のとおり決定した。

・推薦都道府県のローテーション化について
事務局が作成した「市町村課長会ブロック幹事選出都道府県案」のとおりローテーションによる持ち回りとする
なお、推薦都道府県のローテーション化については、事務局から都道府県情報管理主管課長会へ、依頼と説明をすることとなった。

・ブロック区分の変更について
会則を定めたばかりであるので当面は、現在の形で運用し、必要があればブロック区分の変更、会則の改正をすることとなった。

閉会

事務局が会長から議事を引き取り、閉会を宣して散会した。

 このページに掲載されている情報の問い合わせ先
情報化支援戦略部
電話番号: 03-5214-8004
FAX番号: 03-5214-8080
更新日: 2014年6月16日