本文へジャンプ
 
現在位置:ホームの中のサービス利用コーナーの中の全国市町村情報管理主管課長会の中の新着情報から平成15年度全国市町村情報管理主管課長会役員会 会議録

平成15年度全国市町村情報管理主管課長会役員会 会議録

1 日時 平成15年6月12日 11:40~13:00
2 場所 ダイヤモンドホテル M2F 檜
東京都千代田区一番町25
3 出席者 本会役員7名(7団体)、事務局
配布資料 会議次第、出席者名簿(PDF 22kbyte)pdf
資料1 平成15年度事業進捗状況について(PDF 105kbyte)pdf
資料2 役員任期(会長・副会長の任期)について(PDF 14kbyte)pdf
資料3 本会専用コーナー画面(PDF 351kbyte)pdf
参考「全国市町村情報管理主管課長会のメールマガジン登録依頼」(PDF 52Kkbyte)pdf

5 役員会結果

開会

事務局(地方自治情報センター)より開会を宣し、会議次第に従い、役員会が進められた。

(1)あいさつ

全国市町村情報管理主管課長会会長である横須賀市企画調整部情報政策課長の森山 武氏より、電子自治体の推進に当たり、市町村同士の情報共有の場として全国市町村情報管理主管課長会(以下、本会という)の役割も重要であると考えられるので、活発な意見交換をし、本会を大きく発展させていきたいとのあいさつが行われた。

(2)議 題

本会細則第2条第1項に「役員会議の議長は会長とする」とあり、これ以降の議事は森山会長が進めた。

1 平成15年度事業進捗状況について
事務局より資料1及び資料3に基づき、本会専用コーナーでの簡易な投票方式での随時調査の再開及びメールマガジンの発行開始等の活動状況や「情報交換・照会コーナー」の新設予定、本会専用コーナーのアクセス数や暗号化(SSL)の実施等について説明を行い、以下の質疑応答ののち平成15年度事業進捗状況については原案のとおり承認された。

(横須賀市)
調査コーナーにおいて簡易な投票方式の随時調査を実施するとのことだが、当市への視察やインタビューなどでよく聞かれる内容がある。
一つ目は情報システムの調達方法である。随意契約、コンペ、入札とそれぞれの方法に対する考え方や事例があれば他団体の参考になるのではないか。
二つ目は情報化の効果の説明についてである。説明のポイントをどこに置くかによるのだが、説明要素の切り分けや何かキーになるものがあればいいのではと考える。
三つ目は人材育成である。職員のリソース管理や研修方法の具体策について個々の団体の取り組みに役立つことができるような調査内容があればよいと考える。

(事務局)
会員の要望がなかなか把握しずらい状況である。随時調査だけでなく、情報交換・照会コーナーが始まり活発な情報交換ができれば、各団体で情報を共有できると考えている。
今後実施予定の定期調査も含め、もっといろいろなご意見を頂きながら良いものにしていきたいと考えている。

(島根県旭町)
現在、案内をしているメールマガジンの登録は1団体1職員だけしか登録できないのか。

(事務局)
団体内の複数の職員が登録できるようになっており、中には部門メールを登録している団体もある。

(横須賀市)
各団体共通の課題である職員への研修について近隣の複数の団体が共同で場所等を提供し、講師を呼んで研修を行うという方法もあるかと考えているが、実際そのようなニーズがあるのか。また、外部の研修を利用する場合は、距離感や価格面が問題になってしまうのか。

(茨城県関城町)
4町村で広域の協議会を作っており、各団体から職員が数名ずつ参加する形態の研修を2年間行ったことがある。なお、遠方への研修は旅費の面で難しい状況である。

(横須賀市)
そうした背景からE-ラーニングのような方法ができてきたが、業務中にやるのか自宅でやるのか、業務中ならどこでどのように行うのかという課題もある。

(事務局)
業務中にE-ラーニングを利用することに対する周囲の理解が得られにくいという風土がまだ行政内にはあるように聞いている。まだ会議室のような場所に集まって行うほうがよいようである。研修に関しては、本会の活動として講演会というものがあるが、まずはネット上でのコミュニティを活発にした上で、今後視野に入れていきたい。

2 役員任期(会長・副会長の任期)について
事務局より資料2に基づき、今まで特段の取り決めがなかった会長・副会長の任期を各団体の人事異動を想定し、次のとおりの取り決めとしたいとの説明を行った結果、役員任期(会長・副会長の任期)については原案のとおり承認された。

  • 会長・副会長の任期は、役員の任期に準ずる。なお、会長・副会長の任期途中において当該情報管理主管課長が交替した場合は、後任課長がその任にあたるものとする。

(3)その他

  • 次回の日程は10月開催予定の新旧役員会となるが、日程については、後日調整し、連絡することになった。
  • 持ち帰った段階で意見や指摘等があれば事務局あてにメールを送ることになった。

閉会

議長から閉会を宣し散会した。

 このページに掲載されている情報の問い合わせ先
情報化支援戦略部
電話番号: 03-5214-8004
FAX番号: 03-5214-8080
更新日: 2014年4月1日