本文へジャンプ
 
現在位置:ホームの中の情報セキュリティ対策支援の中のLASCからのお知らせから「自動診断システムによる脆弱性診断」に係る一般競争入札(最低価格落札方式)における落札事業者の決定について











「自動診断システムによる脆弱性診断」に係る一般競争入札(最低価格落札方式)における落札事業者の決定について

 
平成26年6月13日付け公告の「自動診断システムによる脆弱性診断」に係る一般競争入札(最低価格落札方式)について、開札を行った結果、落札事業者が決定しましたので公告します。
 
 

落 札 公 告

 

次のとおり落札事業者が決定しましたので公告します。

 

公告日 平成26年7月2日

 

地方公共団体情報システム機構
理事長 西尾 勝

 

1 件名

 

 自動診断システムによる脆弱性診断事業

 

2 落札事業者

 

 京セラコミュニケーションシステム株式会社

 

3 落札金額

 
 
落札金額合計金額32,076,000円(消費税及び地方消費税を含む。)
サービス
費用の額
23,976,000円(消費税及び地方消費税を含む。)

 

 このページに掲載されている情報の問い合わせ先
情報化支援戦略部 セキュリティ支援担当
電話番号: 03-5214-8040
FAX番号: 03-5214-8080


更新日: 2014年7月2日