本文へジャンプ
 
現在位置:ホームの中の情報セキュリティ対策支援の中のLASCからのお知らせから平成27年度「サイバー攻撃検知通報事業」参加団体の募集について











平成27年度「サイバー攻撃検知通報事業」参加団体の募集について

平成27年度、新規に「サイバー攻撃検知通報事業」に参加する団体を募集します。

  • 本事業の実施に要する費用はありません。(無料です。)   
  • 平成26年度末までに利用されていた団体は、改めて参加申込みいただく必要はありません。監視対象も平成26年度末の状態のまま、引続き監視を行っています。 
  • 地方公共団体を対象として実施しています。※一般利用団体(旧LASDEC会員団体)以外でも利用できます。
  • IT障害等緊急連絡メーリングリスト(自治体セプターメーリングリスト)等を通じて事業をご案内しており、各団体の代表者の方からお申込みを頂いております。ご案内はこちら(LGWAN接続環境が必要です)。     
  • 各団体の各ネットワーク管理者が個別に申し込むことはできません。

目的

独立行政法人 情報通信研究機構が提供する対サイバー攻撃アラートシステム「DAEDALUS(※)」を利用し、次に挙げるサイバー攻撃の観測(検知)と観測結果を提供(アラートメールの送付)することで、地方公共団体への対サイバー攻撃発見の一助とするものです。
 ・ワーム型マルウェア
 ・DDoS攻撃
(※)DAEDALUS(ダイダロス) は、独立行政法人 情報通信研究機構が構築したネットワーク観測網を活用した対サイバー攻撃アラートシステムです。ファイアウォールや侵入防止システム(IPS)等、従来の境界防御技術との併用で、組織内ネットワークの情報セキュリティの一層の向上が期待できます。

概要

観測対象として登録されたネットワークから、不審な通信の発生がないかを24時間体制で自動観測し、サイバー攻撃発生の有無に係るアラート情報を提供します。
ワーム型マルウェアや、DDoS攻撃で発生するバックスキャッターは、特定のホストコンピュータが割り当てられていないアドレス空間(Darknet ダークネット)に不審な通信を発します。このダークネットへの不審な通信を捕捉するのが「対サイバー攻撃アラートシステム(DAEDALUS ダイダロス)」です。観測対象システムのIPアドレスをダイダロスに登録することにより、アラート情報を受け取ることができます

事業実施イメージは下記通知文を参照してください。

募集要領

詳細は下記通知文 を確認してください。

申込期間

平成27年6月15日(月曜日)から随時

実施期間

申込受領し、システム準備完了後から平成28年3月31日(木曜日)(予定)
※申込順に順次開始しますが、準備のためお申込みから1週間から2週間程度時間を頂くことがあります。

検知対象

インターネットに接続する、申込団体の全てのサーバ、ネットワーク機器、PC等ホスト

申込方法

お申込みは、下記通知文に記載の申込方法に従って、次の情報を登録してください。

      1. 団体コード
      2. 団体名
      3. 所属部署
      4. 担当者氏名 (かな、漢字)
      5. 電話番号
      6. メールアドレス(インターネット)
      7. 観測実施希望のネットワークに係る情報(IPアドレスブロック情報等)

通知文

本件の詳細は、次のURLから通知文を参照してください。

 このページに掲載されている情報の問い合わせ先
情報化支援戦略部 セキュリティ支援担当
電話番号: 03-5214-8040
FAX番号: 03-5214-8080


更新日: 2015年6月18日