本文へジャンプ


LGWAN-ASPの種類

LGWAN-ASPは、アプリケーション及びコンテンツサービス、ホスティングサービス、ネットワーク層及び基盤アプリケーションサービス、通信サービス、ファシリティサービスの5種類のサービスにより構成されています。

LGWAN-ASP サービス

LGWAN-ASPは、以下の5種類のサービスにより構成されています。

アプリケーション及びコンテンツサービス

各種アプリケーションや情報コンテンツ等を提供します。

アプリケーション及びコンテンツサービスリスト

ホスティングサービス

アプリケーションが稼動するサーバ機器を提供するとともに、運用管理を行います。

ホスティングサービスリスト

ネットワーク層及び基盤アプリケーションサービス

IPアドレス、ドメイン名管理、基本プロトコル群(HTTP等)及びアプリケーション基盤(認証基盤、ディレクトリ基盤)を提供します。

なお、LGWAN-ASPでは、ネットワーク層及び基盤アプリケーションサービス提供者は、提供サービスの性質に照らし、総合行政ネットワーク運営主体が担います。

通信サービス

ホスティングサービスの構成機器をLGWANに接続する専用回線を提供します。

通信サービスリスト

ファシリティサービス

ホスティングサービスを構成する機器の設置スペース、また、そこでの電源、空調等の設備を提供します。

ファシリティサービスリスト

LGWAN-ASPの種類

LGWAN-ASPサービスの関連について

LGWAN-ASPを構成する各サービスについて、その人格間の関連は次のとおりです。

  1. アプリケーション及びコンテンツサービス提供者は、地方公共団体向けに各種アプリケーションや情報コンテンツを提供します。
  2. ホスティングサービス提供者は、アプリケーション及びコンテンツサービス提供者が構築したアプリケーションや情報コンテンツをアプリケーションサーバに登録し、アプリケーションサーバの運用管理を行います。
  3. 通信サービス提供者は、ホスティングサービス提供者に専用線等の通信回線を提供します。
  4. ファシリティサービス提供者は、ホスティングサービス提供者に機器設置スペースを提供します。

LGWAN-ASPサービスの利用を希望する地方公共団体は

LGWAN-ASPサービスの利用を希望する地方公共団体は、LGWAN-ASPサービス提供者が定める利用約款等に基づき、利用許諾を得ることにより当該サービスを利用できます。利用に当たっては、アプリケーションサービス提供者に直接お申込みください。通常、LGWAN運営主体に対する料金の支払いや利用手続は不要です。

ASPアプリケーションサービスの利用方法

詳細は、LGWAN-ASPサービスリストに記載されている「LGWAN-ASPサービス提供者」にお問い合わせください。

LGWAN-ASPのサービス提供者となるには

LGWAN-ASPのサービス提供者となるには、総合行政ネットワーク運営主体へLGWAN-ASP参加資格審査を申請し、受理されることが必要となります。LGWAN-ASP参加資格を取得した後、提供したいサービスの申請をして受理されると、LGWAN-ASPサービス提供者としてASPのサービスを提供することができます。

更新日: 2014年4月1日