本文へジャンプ











情報セキュリティインシデント対応訓練ツール

 

 CSIRTの訓練を実施しようとする地方公共団体を対象に、特に小規模団体(人口5万人未満の市区町村)でも、自団体だけで簡易に実施するために必要なシナリオ等の訓練ツールを提供します。

 

事業目的

 

 地方公共団体自らが実施する緊急時対応訓練を支援するため、訓練実施に必要なツール(シナリオやマニュアル等)を提供します。シナリオは「情報システムの障害」「ウェブサイトへの不正アクセス」「住民情報の漏えい」の3つを用意しており、PCを使って4から5名のグループで検討しながら進める机上訓練(自主訓練)方式のツールです。
 本ツールを活用して、地方公共団体職員の情報セキュリティインシデント発生時の対応力向上を図っていただけたらと存じます。

 

事業概要

 

LASCポータルサイトで、情報セキュリティインシデント対応訓練ツールを提供しています。
 また当機構では、情報セキュリティ緊急時対応訓練支援事業を実施することとしました。
 情報セキュリティ緊急時対応訓練支援事業は、訓練実施に至っていない団体の職員様に都道府県又は郡単位で集まっていただき、訓練シナリオのインシデント対応を行っていただき、当機構がその支援を行うものであります。
 つきましては、申込団体を別添のとおり募集しますので、各都道府県情政策担当課におかれましては、本事業の主旨をご理解いただき、貴都道府県内市区町村への御周知及び参加団体を取りまとめのうえ、積極的にお申込みいただきますようお願い申し上げます。
 なお、本事業の利用は無料です。

 

申込受付期間

 平成29年7月10日(月)~ 平成29年12月28日(木)


 

実施期間

 平成29年7月下旬 ~ 平成30年1月31日(水)


 

通知文及び別添資料(LGWANのLASCポータルサイトを御覧ください)

•平成29年7月10日地情機第1228号
•【別添】情報セキュリティ緊急時対応訓練支援事業のご案内
•【別紙1】情報セキュリティ緊急時対応訓練支援事業詳細
•【別紙2】情報セキュリティインシデント対応訓練ツールの概要と活用
•【別紙3】情報セキュリティ緊急時対応訓練支援事業申込書



 このページに掲載されている情報の問い合わせ先
情報化支援戦略部 セキュリティ支援担当
電話番号: 03-5214-8040
FAX番号: 03-5214-8080


更新日: 2017年7月10日