本文へジャンプ
文字サイズ
背景切り替え
現在位置:ホーム の中の研究開発 の中のマイナンバーカード利活用(コンビニ交付)促進事業 の中の自治体基盤クラウドシステム(BCL)

自治体基盤クラウドシステム(BCL)

自治体基盤クラウドシステム(以下「BCL」という。)は、市町村の庁舎内等に設置された住民情報システムの連携用データをBCP(業務継続計画)対策用に保管すると共に、連携データから必要な情報を取り出し、コンビニ交付サービス等の行政サービスが利用できるクラウドサービスです。



bcl_image

BCLのポイント

 

<安価に手軽にコンビニ交付サービスが利用できる>

  • ・BCL内に証明発行機能を設けており、自前で証明発行サーバを用意せずにコンビニ交付サービスを導入可能となっています。その証明発行機能の利用料は1通180円の従量課金で、特に小規模市町村に導入しやすい価格設定となっています。

  • ・コンビニ交付サービスの運営負担金は、3万人未満の市及び町村について減額があります。

  •  

    <便利に使える>

  • ・データ連携については、国の標準インタフェース仕様に準拠しています。

  • ・コンビニ交付サービスは国の標準化の進展に合わせて各種税証明書を追加予定としています(現状は、住民票の写し及び印鑑登録証明書のみ交付可能)。

  • ・証明発行に係る法改正対応の際、市町村側システム改修及び工程試験の実施は原則不要となります

  •  

    <安心して使える>

    ・近年頻発する自然災害等に備えたBCP(業務継続計画)対策として自治体基盤クラウド上にバックアップとしての保管が可能となります。

    ・BCLは、大規模自然災害にも強い仕組みを備えており、安心して御利用いただけます。

    令和4年度からはクラウド型被災者支援機能も提供予定です。


    導入検討の手引き


    自治体基盤クラウドシステム導入検討の手引き


    クラウド型被災者支援システム概要(令和4年度より運用開始予定)

    資料提供を希望される方へ

     

    市区町村がBCLへ参加する際に確認が必要なドキュメントを公開準備中です。
    以下のリンクより資料提供申込書をダウンロードし、お申し込みください。

    資料の提供について

    ※すでにコンビニ交付の資料提供申込済の場合、新たに資料提供申込を行う必要は
     ありません。BOS(業務運用システム)からから資料をダウンロードいただけます。 
     


    このページに掲載されている情報の
    問い合わせ先
    研究開発部
    電話番号: 03-5214-8002
    FAX番号: 03-5214-8080
    更新日: 2021年12月1日
    前のページに戻る


    TOPへ
    戻る

    J-LIS 地方公共団体情報システム機構

    地方公共団体情報システム機構

    大切にしますプライバシー

    〒102-8419 
    東京都千代田区一番町25番地
    (全国町村議員会館内)