本文へジャンプ





コンビニ交付導入のメリットと参加要件(市区町村向け)

 

コンビニ交付を導入することで、市区町村としては住民サービスの向上と窓口作業の効率アップ及びコストの削減が期待できます。


 

導入のメリット

  • 住民サービスの向上
     ・日本全国のコンビニエンスストア等で夜間、休日でも証明書を取得出来ます。
     ・市区町村庁舎が遠い住民の方に対して、ご負担の軽減が図れます。
     ・市区町村窓口の混雑が緩和され、お年寄りなどサポートが必要な方に、より丁寧に
      住民サービスを提供することが可能となります。
  • 窓口業務の負担軽減
     市区町村窓口の業務量の軽減が図れます。
  • コスト低減
     市区町村負担金及び事業者への委託手数料をご負担いただくだけで、全国のコンビニ等店舗が
     自動交付機として
    ご利用いただけます。
     <参考>
     コンビニ交付参加のメリット (PDF 11kbyte)pdf
     コンビニ交付の参加条件  (PDF 7kbyte)pdf
     運営負担金の計算方法 (PDF 195kbyte)pdf

コンビニ交付導入検討の手引き

導入検討するための手引書を作成しています。導入の参考にお使いください。

 

コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付(コンビニ交付)導入検討の手引き(第2.2版) (748kbyte)pdf

導入に必要な条件

必要な手続き

  1. 資料提供申込み
    以下のページより、資料提供申込書をダウンロードし、提出してください。機密保持契約を締結
    後、導入検討に必要な各種手引書や仕様書をご提供いたします。
    資料提供申込み
  2. 参加申込書送付及びLGWAN-ASP申請手続き
    コンビニ交付サービス開始6か月前までに、以下の参加申込書等をご提出ください。
    ・「証明書交付サービス参加申込書」(研究開発部)
    ・LGWANセルフASPの申請(LGWAN全国センター)
    なお、条例利用AP認証をご利用の場合は、「ICカード標準システム利用申込書」もご提出くだ
    さい。
  3. 開始準備作業
    「証明書交付事務委託契約書・協定書」の締結を行います。
    なお、条例利用AP認証をご利用の場合は、「ICカード標準システム保守契約書」の締結も必要
    となります。
  4. 各種工程試験を行い、サービスを開始します。

 手続きの流れ (PDF 185kbyte)pdf

 

システム構築


コンビニ交付の仕組み

コンビニ交付サービス開始にあたり、市区町村で構築していただくシステムは以下のとおりです。

  1. 証明発行サーバの構築
    コンビニエンスストア等で証明書の交付を可能とするために必要な機能(証明書データのPDF化、規定された電文応答プログラム等)を備えた証明発行サーバを構築します。
    利用者の本人確認の方法として、条例利用AP認証を選択される場合、ICカード標準システムを使って条例利用APを搭載する手続きが必要となります。
     <ICカード標準システムについて>
     ICカード標準システム及びコンビニ交付の資料提供、システム提供及び保守契約に係る手続きについて 
  2. LGWAN公開セグメントの構築
    ・証明書発行サーバとLGWANを接続するために必要なLGWAN公開セグメントの構築をします。
     コンビニ交付LGWAN接続イメージ (PDF 212kbyte) pdf 
    ・市区町村単独でのLGWAN接続イメージや近隣市区町村共同利用時の「LGWAN接続イメージ」や「共
     同利用イメージ」を記載しています。
     LGWAN(総合行政ネットワーク)について(LGWANのページへ)

過去のセミナー資料

以前、開催したコンビニ交付推進セミナーの講演資料を公開しております。導入の参考にお使いください。

 

過去のセミナー

 このページに掲載されている情報の問い合わせ先
研究開発部 コンビニ交付担当
電話番号: 03-5214-8002
FAX番号: 03-5214-8080

更新日: 2017年8月3日