本文へジャンプ
文字サイズ
背景切り替え
現在位置:ホーム の中の研究開発 の中の自治体クラウド の中の「令和2年度自治体クラウド導入団体支援事業」事業実施団体の公募について

「令和2年度自治体クラウド導入団体支援事業」事業実施団体の公募について

  「令和2年度自治体クラウド導入団体支援事業」について、お知らせいたします。
  地方公共団体情報システム機構(以下「機構」という。)では、自治体クラウド導入を促進するため、
 市区町村(政令指定都市を除く。)を対象に、「自治体クラウド導入団体支援事業」(以下「本事業」と
 いう。)の実施を希望する市区町村を公募します。
  詳細は助成要綱及び公募要領を参照してください。

公募の目的

  機構では、自治体クラウドを導入する団体の中から中間標準レイアウトによるデータ移行及びノンカスタ
 マイズを前提とした自治体クラウド導入に取り組む市区町村を選定し、その取組み過程や成果事例を通じ
 て自治体クラウドの導入に係る諸課題
を明らかにし、その解決手段等を示すことにより、自治体クラウドの
 導入を容易にするとともに、関係経費等の負担軽減を図ることを目的として本事業を実施します。

提案者

  提案者は、基幹系業務システムの共同利用に向け自治体クラウドを導入する市区町村です。複数の市区町
 村でグループを形成し、代表となる団体が提案してください(都道府県及び一部事務組合等がグループの
 代表団体になることも可能です。)。
  なお、協議会等の任意団体が提案者となる場合は、代表となる団体が事業に対し責任を持ち、かつ経理に
 係る担当及び処理が明確となっていることが必須条件となります。

助成金額と助成グループ数

  1グループ当たりの助成金額の上限額は、次の区分によります。
  ただし、その総額は予算内とします。
  (1) 構成市町村が5以上のグループの場合、1,500万円
  (2) 構成市町村が5未満のグループの場合、1,000万円

  提案の内容等により上限額に満たない額を助成する場合があります。
  ※助成金額上限を上回った事業費は自己財源にて負担願います。

助成の要件

  提案に当たっては、公募要領に記載されている要件を満たしている必要があります。
  要件の詳細は、公募要領を確認してください。
  また、採択された場合には、下記に示す必須推進項目に取り組んでいただきます。

須推進項目

 中間標準レイアウトを利用したデータ移行の取組

   今回の自治体クラウド導入に際し、2以上の業務システムにおいて、中間標準レイ
  アウトを利用してデータ移行を実施していただきます。
   移行する業務システムは、参加団体ごとに異なっていても構いません。
   ※提案時に、「別紙3_中間標準レイアウトによるデータ移行対象業務表」及び
    「様式_中間標準レイアウトによるデータ移行確認書(写し)」を提出していただきます。

 ノンカスタマイズに向けた取組

   ノンカスタマイズを前提に事業に取り組んでいただきます。
   ※原則としてカスタマイズ率が5%未満であることを前提とします。

    カスタマイズ率=カスタマイズ実施(予定)機能数÷対象システム機能総数×100

助成の対象

  助成の対象は下記の経費とします。
  ただし、特別交付税の措置を受けようとしている経費は、助成対象経費に含めることはできません
  当該団体の事業が令和3年度以降にわたる場合であっても令和2年度に係る経費のみが助成
  の対象となります。
   (1) 自治体クラウド導入に係る初期費(サーバ機器、端末機器、ソフトウェア、導入に要するSI、
     データ移行等の経費)及びシステム使用料
       ※令和2年度経費であることが分かる証拠が必要となります。
   (2) 本事業の成果の取りまとめに係る経費
   (3) 上記のほか、本事業の実施に必要であると機構が特に認めた経費

書等の提出について

提出方法

  本事業へ提案を希望する市区町村は、下記の機構ホームページの問合せフォームから
 提案を希望する旨の連絡をしてください。

  お問合せ内容入力画面URL
    URL:  https://www.j-lis.go.jp/j-lis_corner/contact/form.xhtml
     ※お問合せ先は「研究開発部」とし、問合せ内容に「令和2年度自治体クラウド
     導入団体支援事業へ提案を希望する」旨を入力してください。

  提案希望の連絡受付後に、提案書類の提出先メールアドレスをご案内しますので、
 指定のメールアドレス宛に、公募要領「9(1)提案時の提出書類等」に記載している書類等を
 メールで送付してください。
  なお、「ア 鏡文書」及び「イ 助成金交付申請書」については、メールでの送付後に、
 原本を下記提出先に郵送してください。

期限

  ア 提案希望の連絡期限
    令和2年5月8日 金曜日 17:00まで

  イ 提案書等のメール提出期限
    令和2年5月29日 金曜日 17:00到着分まで

提出先

  〒1028419 東京都千代田区一番町25
  地方公共団体情報システム機構 研究開発部 自治体クラウド担当

本公募に関する質問

質問の方法

  本事業に関して不明な点がある場合には、下記の機構ホームページの問合せフォームから質問をしてください。
  また、質問事項は、具体的にできるだけ分かりやすく入力してください。
   
  お問合せ内容入力画面URL
  URL: https://www.j-lis.go.jp/j-lis_corner/contact/form.xhtml
    ※お問合せ先は「研究開発部」としてください。
  
  ※質問は代表団体からのみ受け付けます。
   事業者からの質問には、お答えしておりません。

質問受付期間

   令和2年5月8日 金曜日 12:00受信分まで

質問に対する回答

   原則として、機構のホームページ上で回答いたします。
   本公募に関する質問及び回答は、こちらを御覧ください。(随時更新)



このページに掲載されている情報の
問い合わせ先
研究開発部 自治体クラウド担当
電話番号: 03-5214-8002
FAX番号: 03-5214-8080
更新日: 2020年4月1日
前のページに戻る


TOPへ
戻る

J-LIS 地方公共団体情報システム機構

地方公共団体情報システム機構

大切にしますプライバシー

〒102-8419 
東京都千代田区一番町25番地
(全国町村議員会館内)