本文へジャンプ
 
現在位置:ホームの中の住基ネットから住基カード総合情報サイト 引っ越ししても「住基カード」は使えるの?





住基カード総合情報サイト 引っ越ししても「住基カード」は使えるの?

 

 

平成24年7月9日から、住民基本台帳法の一部改正により、交付地市区町村外へ転出しても引き続き住基カードが使えるようになりました。転入届の際に窓口に住基カードを提示し、カードに新しい住所を記載してもらえばそのまま使用することが可能になります。ただし、転入届をした日から90日以内に住基カードを窓口で提示しない場合等はそのまま使用することができません。
 

 
 引き続き住基カードを利用するために必要な手続き
 
・これまでどおり、転出手続を郵送等で行います。転出届には、住基カードを保有しているかどうかを記入することになります。
・転入先市区町村窓口に転入届と住基カードを提示し、裏面に新しい住所を記載してもらい、住基カードを返してもらえば手続き完了です。
 本人以外でも手続きできるの?
 
・法定代理人であれば、本人の住基カードの暗証番号を聞き取り、本人の住基カードを転入先市区町村窓口にもっていくことにより、手続きを行っていただけます。
・同じ世帯の方であれば、本人の承諾のもと、本人の住基カードの暗証番号が分かれば、法定代理人と同様、手続きを行っていただけます。
※ 不正利用を防ぐため、同じ世帯の方以外には、暗証番号を漏らさないよう注意してください。
・同じ世帯の方に対し、本人が暗証番号を知らせたくない場合や、同じ世帯ではない方(法定代理人を除く。)が本人に代わって手続きを行う場合には、郵便による本人照会を行い、その照会書に本人が暗証番号を記入し、シール等で隠したものを代理人が転入先市区町村窓口にもっていくことにより手続きが行える場合があります。
※ 詳しくは、転入先市区町村にお問い合わせください
 

更新日: 2016年11月30日